チョウについてのちょっとした豆知識を集めました! 意味のわからないことばは、ここで調べてね! 聞きたいことがあったら、ここから聞いてね!
アサギマダラ
今日は坊主を免れた!(久しぶりのアサギマダラ)新着!!

この日午前中の用事が意外と早く片付いたので、少し遅かったが昼前に高尾山に向かった。狙いはまずはアサギマダラだったが、頂上近くまで全く姿を見せなかったので、今日もまた坊主かと悪い考えがよぎる。このところ、坊主続きだったのだ […]

続きを読む
アゲハチョウ科
オオミドリシジミ 危機?新着!!

ミドリシジミ類の仲間では早めに発生するオオミドリシジミを見に行ったのですが・・・ Mats 昨年は6月7日に神奈川県内では知られた発生地を訪れたところ遅きに失して翅は随分傷んでいたが、多数の個体の群飛に目を奪われた。今年 […]

続きを読む
シジミチョウ科
坊主続き新着!!

シーズンでもあり特別に早起きして期待して出かけたが、立て続けに坊主が続いた。 オオミドリシジミはほぼ坊主、それでということではないが近くでキアゲハを撮っていた。 そして、次なるミドリシジミは完全なる坊主(ゆえに、画像なし […]

続きを読む
シジミチョウ科
フジミドリシジミ 2頭のメス新着!!

年中行事のようにフジミドリシジミを見に行きました。Mats 蝶の発生時期というのは微妙で一週間見込み違いをすると撮影的には厳しいことがある。ただ、今回はフジミドリシジミのメスが2頭お互い至近距離で葉上吸水しているのに遭遇 […]

続きを読む
シロチョウ科
今年もまたツマキチョウ新着!!

直近の3年で何だか恒例のようになっているが、今年もまた懲りもせずツマキチョウを飼育することとなった。これまでは1頭ずつ(1個の卵から)の飼育だったが、今年は偶然にも数個の卵が入手できたので同時期に採ったモンシロチョウの卵 […]

続きを読む
高尾山探鳥会新着!!

高尾山に登ってあちこちでキビタキの鳴声を聞きながらも樹が高いのと葉の茂りで姿が見えないということを以前記事で書きました。5月の最終日曜に日本野鳥の会主催の探鳥会があるというので初めて参加したのですが・・・Mats 約50 […]

続きを読む
タテハチョウ科
これは何だ?新着!!

この如何にも危なそうなトゲトゲを纏ったものの正体は何でしょうか? これは、ルリタテハの幼虫時代の姿です。 そしてこれがルリタテハ。 最初の幼虫をもう少し近くでご覧ください。 光に透かして見ると・・・、幼虫が丸まっているの […]

続きを読む
多摩川 奇妙な鳴声 オオヨシキリ

先日のウグイスの記事で奇妙な鳴声の鳥のことを書きましたが、その鳥とは「オオヨシキリ」。ウグイスの美声とは対極に位置します。 Mats まず、なんといっても最初はカエルかな?と思ったくらい奇妙な鳴声: ⇒ 動画 やっと姿を […]

続きを読む
タテハチョウ科
長年の疑問氷解!

これまで少年時代のモンシロチョウの飼育から始まっていろいろなチョウの飼育をしてきた。しかし、最終齢の幼虫がどのように蛹に変身するか、その瞬間にはなかなかタイミングよく立ち合えていなかった。もちろん、四六時中見張っていれば […]

続きを読む
シロチョウ科
多摩川 栄枯盛衰 ジャノメチョウとシロチョウ

多摩川土手・河川敷では紫のナヨクサフジに代って黄のオオキンケイギクが全盛期を迎えつつあり、蝶ではヒメウラナミジャノメに代ってヒメジャノメが増えてきました。 Mats トップは増えてきたヒメジャノメ 祇園精舎の鐘の声 諸行 […]

続きを読む